梅雨明け後も水位が高く、釣果がパッとしなかった本流で、水位が下がりだし、上向き傾向となりました。

7/18(日)に旭川中央漁協区内で開催されたアユ釣り大会での上位者は、いずれも久世、勝山の本流で竿を出された方ばかりで、15尾以上釣られていました。型、当たりとも盛期のアユ釣りの雰囲気だったとのことです。

水温が上がりコケもしっかり付くと、更に楽しいアユ釣りができることでしょう。ご期待ください。