7/13、平年より6日早く、梅雨明けの発表がありました。昨年は梅雨明けが遅く7/29でした。今年は5/15からの梅雨入りでしたが、発表前から蝉の鳴き声を聞いていたので、もうすぐかなと思っていました。「とうとう明けたか!アユはどう?」の思いは私だけではないのでは。

発表後も局地的に雷が鳴って、真庭市に大雨警報も度々出たことで水位もまだ高く、落ち着くまでもう少し時間がかかりそうです。この雨でアユも散らばっているでしょうから支流、本流とも竿を出して様子を見るのがいいと思います。今日は早速、竿を出されている人が数人おられました。心配していた本流のミドリ藻は少なくなってきました。

目木川の専用区、久世大橋、谷山橋からの新庄川、鳴門橋からの勝山大橋の様子です。